Eclipse

随想録

POSTPOPS宣言2018 by Caritasa

Post pops 宣言 2018

PDFファイル(ダウンロード可)

POSTPOPS宣言2018.pdf - Google ドライブ

 

序文 音楽の復活

 

『芸術の目的は「再認」することではなく「直視」することとして、事物を感じ取らせることにある。そして、芸術の手法とは、事物を「異化」する手法であり、「知覚」をより困難にし、より長引かせるために「難渋化された形式」の手法なのである。』(シクロフスキー 1917『手法としての芸術』)

もしもある「表現」が何の形式も持たないものであれば、その表現は直ちに陳腐化し、擦り切れ、自動化の餌食となり、無意識のうちにただ再認されるだけの対象へと堕ちてしまうだろう。空は、月や太陽は、日常会話は、我々の感情は、戦争は、かつて鋭さを伴った「表現」であった。しかし、我々が生活を送るなかで、それらの対象への認識や思考は節約され、行為は習慣化し、「無意識的で自動的なものの領域」へと退行してしまった。

『たとえば、「月」(месяц)、この語の原義は「計測器」(меритель)であった。「悲哀」(горе)、「悲しみ」(печаль)の原義は、「じりじり燃えて(жжет)、ひりひり焼ける痛み(парит)」。』(シクロフスキー 1914『言葉の復活』)

〈多数の人々の複雑な生活が無意識のうちに過ぎるのであれば、その生活は存在しないも同然だ。〉

従って、芸術に必要なのは、自動化されてしまった知覚を再び異化させるための形式である。そして、この異化のための形式は、(自動化を遅らせるため半ば必然的に、)分かりやすさ、平易さを追求したものであってはならない。異化のために求められるのは、内容の知覚を困難にし、認識の過程をより長引かせる、「難渋化された形式」の手法である。

『芸術においては知覚のプロセスが目的であり、ゆえに、このプロセスを長引かせなければならない』(シクロフスキー 1917『手法としての芸術』)

これらのことから、芸術においては内容よりも先にその形式が問われなければならないことが言える。このことは特に、音楽においてより顕著であろう。
しかしこれらの事実にも関わらず、現代のポピュラー音楽では、形式を軽んじ、内容と内容へのアプローチの手軽さだけを重視する傾向がますます加速している。今やポピュラー音楽は、単なるムードのためのBGMへと堕ちてしまった。そこでは、和音や旋律、リズム、その他楽曲を構成する要素全てが、過去の楽曲の焼き回しとして「再認」される。我々がそれらを「直視」することはない。

ただ平易に、恋を恋として、希死念慮希死念慮として、切なさを切なさとして表現することに、いったい何の価値があるだろうか?我々は、それら内容の知覚をむしろ困難にし、認識の過程を冗長化する形式を使いこなせなければならない。それらの「難渋化された形式」の手法をもって、音楽それ自体の「自律性」を追求しなければならない。我々は困難と複雑さをモットーとする。

有機体のしなやかさをもって我々の情緒やムードに寄り添う音楽が、強い魅力を持つことも事実ではある。しかし、彼らはそのしなやかさゆえに、死を運命付けられている。数百年前のポピュラー音楽を聴いて感動できる人間が、現代にどれだけ残っていようか?
無機的な構造美を持った音楽だけが時の試練を耐えるのだ。

 

『我々は知らねばならない。我々は知るであろう。』(ダフィット・ヒルベルト 1930『ケーニヒスベルグ大学での講演より』)

音楽の大海は、全くの未知のままで、我々の眼前に開かれている。我々はまだ、浜辺で少しばかり綺麗な貝殻を集めて喜んでいた子供にすぎないのだ。
Caritasaは、従来のポピュラー音楽の楽式と調性(和音および旋律)を大幅に拡張した、強力な方法論を提示する。
これらの方法論が、大海への挑戦の嚆矢となり、未来の音楽への羅針盤となることを願う。

 

2017.12.20 完全なQ体

 

 

2018年もCaritasaをよろしくお願いします。

 

最新曲(2018/01/05)

www.youtube.com

 

各種アルバム

www.tunecore.co.jp

20171231 2017年に聴いた音楽で印象に残ったものまとめ

大晦日なので、今年聴いた音楽で印象に残ったものを紹介していこうと思います。先に言うと、今年は全体的に不作でした。これは、僕が収穫に割ける時間があんまりなかったからで、探せばその辺にたくさん実っているものと思われます。

 

リリースが2017年のもの

ぼくのりりっくのぼうよみ - Noah's Ark - 2017/1/25

 作曲はTreow氏。作曲界における完全な球体として有名な方です。和声感が凄い。

 

クロワッサンシカゴ - 舵手 - 2017/2/3

www.youtube.com

ポストロックです。ちょっぴりシューゲイザー要素があるのが憎いですね。変拍子に加えて、独特の異国感があります。旋律が未知すぎてヤバいです。この音とこの音が繋がるか~~??というのがバスバス繋がっていくのが快感です。

 

nakano4 - 鼓動 - 2017/3/3

soundcloud.com

ポップス枠。ドラムンベース。今年一番ぶち上がった曲です。低い音だいすき!!!という素直な気持ちにさせてくれます。

 

mouse on the keys - Reflexion - 2017/4/12

www.youtube.com

ロックのようであり、クラシカルでもあり、プログレのようであり、ジャズっぽさもあります。孤高です。ドビュッシーやラベル、ストラヴィンスキーのような近代のクラシックの和音を使いながらも理屈っぽさは一切なく、ロックのように感覚的かつ攻撃的で、歌うようなドラムとゴリッゴリのベースラインが見事に絡み合い、時折つんのめるようなリズムは本能的に気持ち良いところをズカズカと突いてきます。クラシカルで難解なのにもかかわらず、クラシックを鑑賞する際に必要な”音を読む”行為が必要なく、身を委ねているだけで自然とトリップしてしまう凄まじい音楽です。

 

Les Amazones d'Afrique - Dombolo - 2017/4/22

www.youtube.com

最近アフリカ音楽好きなんですよね~~ ところで、黒人って何でこんなにリズム感良いんですかね?僕も来世は屈強な黒人に生まれたい……

 

samayuzame - Room: 樹海 - 2017/5/2

www.youtube.com

クラシカルです。半音ずつ下がっていく音階とか、短調から引っ張ってきた和音とか、とにかく鬱かっこいいです。鬱病になりたい方はぜひ。

 

Caritasa - Transcendency - 2017/5/8

www.youtube.com

僕がデザイナーをやっているCaritasaの曲です。

 気の触れたバッハみたいでかっこいいですね。Caritasaのコンポーザーの紫合ユウさんは古今東西の楽理に通じており、音を縦に積み上げる音タワーバトル界では負け無しの猛者として有名です(そのような界はない)。作曲者本人の詳しい解説がここ(1stアルバム「Caritasa(カーリターサ)」が配信されました。 - やっていきましょい!)にあります。ちなみに、この曲が入ったアルバムをご購入いただくと、僕の口座のお金が増加する仕組みになっているので、よろしくお願いします。

 

長谷川白紙 - 横顔S - 2017/8/6

soundcloud.com

コードワークが凄いです。歌詞も良いですね。難解なコードとは対照的に、メロディはキャッチーで乗りやすいです。なんとなくトクマルシューゴを思い出しました。声好き。というか全部好き。囲いたいです。

 

ELECTROCUTICA - CYGNUS.CC SS2017 - 2017/8/10

soundcloud.com

先程も紹介した、作曲界の完全な球体ことTreow氏が率いるELECTROCUTICAの新譜。相変わらず強い……。ミックスも綺麗です。

 

Puhyuneco - idol - 2017/8/31

www.youtube.com

これは一応ジャンル的にはIDM系のエレクトロニカなんでしょうか。音響詩を彷彿とさせるような独特の作風です。IDMと詩というのは相性がいいのかもなと思いました。岩倉文也さんとか小笠原鳥類さんとかこういうの向いてそうな気がします。新しいジャンルが生まれそうな可能性を感じさせる曲です。

 

YURiKA - 鏡面の波 - 2017/9/24

www.youtube.com

アニメ「宝石の国」のOP。作曲は照井順政氏。ハイスイノナサ、siraphなどのバンドを率いる、ポストロック界の鬼才です。4拍子なのに変拍子に聞こえるのがウケますね。サビ頭のE♭Mの張り詰めた開放感が好きです。それと、2番のAメロから入るロックテイストなストリングが鬼カッコイイ。全体を通して、建築物のような、静的な美しさがあります。宝石の無機的な透明感みたいなのをよく表現していると思いました。地下鉄の動態の頃から思っていたんですが、照井順政氏は具体物を音楽で表現することがものすごく上手いんでしょうね。

 

Beck - Colors - 2017/10/13

www.youtube.com

語彙がなくなりました。なんかすごい。聴け。それはそうとして、洋楽を聴くと向こうのミキシングの技術水準の高さに驚かされますね。おれもミックスできるようになりてぇ~~~!!!クソ!!!!

 

sora tob sakana - 鋭角な日常 - 2017/12/25

soundcloud.com

一部界隈で話題沸騰中のアイドルグループです。音楽プロデューサーは先程も紹介した照井順政氏。エレクトロニカやポストロック、その他いろいろなジャンルを折衷したような音楽性が特徴です。この曲はわりとエキゾチックです。きっと変な音階を使っているんだと思います(確認してないので断言はできません)。きちんとアイドルソングになってるのがすごい。

 

 

リリースが2016年以前のもの

Paul Hindemith - Ludus Tonalis - 1942

僕は調性音楽と無調音楽の境界線上で逆立ちしながらバランスを取っているような音楽が性癖なのですが、ヒンデミット氏ははまさにそういうことをやってくれる作曲家です。この曲は、12音全てを使って書かれており、従来的な調性からは完全に逸脱していますが、それでも中心音がどこかは明確に分かるように書かれているのが凄いです。もはや怖いです。

 

Venetian Snares - Szerencsétlen - 2005/3/14

ロディアスなブレイクコア最高~~~!!!

 

斉藤恒芳 - 電脳コイル サントラ音楽集 - 2007/5/23

www.billboard-japan.com

(※視聴できます。)
小学生の頃リアルタイムで電脳コイルを視聴したせいでオタクになりました。僕と同年代の人は、この作品に衝撃を受けた人も多かったのではないでしょうか。電脳コイルといえば、電脳霧がかかった町並みに大量の鳥居がぼんやり浮かぶ光景や、アップデートされずに放置されたバージョンの古い空間などが彩度の低い色彩で表現されており、そこに独特の退廃感や不安感が宿っているのが魅力的なのですが、それらの感性はBGMにもはっきりと反映されています。ホラーなシーン以外のサウンドも全体的に調性が希薄で、どこか不安を掻き立てるような、しかし同時に懐かしさを感じさせるような、そういった楽曲が多いです。

 

黒猫ダンジョン - 量子の海のリントヴルム - 2011

www.youtube.com

プログレ音ゲー楽曲。ELPカプースチンを足して2で割って、戦闘曲っぽいエッセンスを加えてポップに仕上げたみたいな雰囲気です。音ゲーの曲って短いし他にも色んな制限があるんだろうけどしっかりまとまっててスゲー

 

ドンガリンゴP - 1imb0 - 2012/5/15

www.youtube.com

ポップスとアバンギャルドの邂逅!!!随所にクラシックからの引用があってかっこいいです。

 

MORGAUA QUARTET - 21st Century Schizoid Man - 2012/6/20

www.youtube.com

プログレッシヴ・ロックの名曲、21st Century Schizoid Manの弦楽四重奏カバー。このカルテットは全員がクラシック畑の超絶エリートなのですが、演奏スタイルは完璧なまでにロックです。メンバーの荒井英治氏がプログレッシヴ・ロックに造詣が深く、この方が他のメンバーの楽譜に(ロックな演奏になるよう)膨大な量の指示を書き込むことで、このスタイルを成立させているそうです。

 

Brad Mehldau - Just Call Me Nige - 2014/2/25

デジタルな音色のジャズですが、エレクトロ・スウィングみたいなのとも違う雰囲気です。毒々しく禍々しい。電気・熱・暴力!!!!って感じです。

 

D.A.N. - Dive - 2016/6/18

www.youtube.com

テクノのバンド的な解釈。ミニマルで無駄がない構成が素敵です。揺れる青い炎を眺めているような気分になります。このバンドは今後有名になりそうな勢いなので、今のうちから押さえておくことで「昔から知ってたし!!」アピールができるようになるかと思います。

 

N.D. - EOT 4 04 - 2014/7/2
EOT 4 04

EOT 4 04

  • N.D.
  • エレクトロニック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 モードをエレクトロニカに応用した新しいスタイルの音楽です。ロクリアンっぽい響きですね(確認してないので断言はできません)。フリーテンポのピアノと高速道路のようなリズム隊の絡みがかっこいいです。

 

saiB - パイロキネシス - 2016/7/5

www.youtube.com

脳に火がつきます。第二回全国学生作曲選手権Pops部門大賞作とのこと。おめでとうございます。

 

黒魔 - Field : Kaerezu no Chi - 2016/7/20

soundcloud.com

華やかで勢いのあるピアノ曲。始まるぞ~~!!って感じが良いですね。

 

アイカツスターズ! - Dreaming bird - 2016/8/31

www.youtube.com

(この動画はShort verです。)
作曲は南田健吾氏。音楽単体として見ても良いんですが、歌詞の盛り上がりとメロディの盛り上がりが完璧に同期してるのが素晴らしいですね。これぞ歌もの!という感じがします。

 

Lemm - Atoropa - 2016/9/21

www.youtube.com

コロコロと転調していくのがとても心地良いです。それでいてきちんとキャッチーなのも凄い。メジャーとマイナーを行ったり来たりしているのでしょうか。一度楽譜を見るか耳コピするかして分析してみたいですね。サビに入ってグッと安定するのが脳に良い。良い。Lemm氏の作る曲はどれも優しくてママ~~!!という感情になります。

 

Tigran Hamasyan - Mockroot - 2015/5/26

www.youtube.com

Tigran Hamasyan - The Court Jester - 2013/11/13

www.youtube.com

Tigran Hamasyan氏は、プログレメタル、ジャズ、アルメニア民族音楽エレクトロニカをごった煮にしたような、狂気的としか言いようのない音楽性を、圧倒的な技巧によって成り立たせているピアニストです。リズムの刻み方がとにかくやばいです。これだけのことをやりながらも技巧一辺倒にならず、常に仄暗い哀愁みたいなのを纏っていて激エモなのがまた憎いです。この人の曲はとりあえず全部聴いといてください。

 

くるり - 琥珀色の街、上海蟹の朝 - 2016/11/21

www.youtube.com

蟹食いてぇ〜~~~~

 

ムシぴ - 色彩電気 - 2016/11/29

www.youtube.com

サブカル大好き太郎なので……。ハチャメチャにグロカワイイ。カワイイっていうのは本来的に毒々しいものなんだろうなとさえ感じてしまいます。


総評

今年は音楽ぜんぶ聴くぞという気合が足りない一年でした。来年はぜんぶ聴きたいです。

 

 

番外編 おれの曲

自我がクソでかいので、自分が今年書いた(あるいはアレンジした)曲で気に入ってるやつを紹介していきます。

 

お習作(未完成) - 2017/5/14

soundcloud.com

クリシェという概念を知った記念に書いた曲です。飽きて途中で放り出してそのままです。飽きっぽいのマジでよくないなと思います。

 

ようこそジャパリパークへ ピアノアレンジ 改訂版 - 2017/6/8

soundcloud.com

じゃぱりぱー!!!イエーイ!!!改訂版を出したのは、サブドミナントマイナーサブドミナントで誤って採ってたことに気づいたとかだったと思います。全体的に記憶が曖昧です。

 

おやすみ - 2017/6/8

soundcloud.com

眠れなかったときに書きました。

 

パワーコード - 2017/8/20

soundcloud.com

パワーコードという概念を知った記念に書きました。

 

鏡面の波 ピアノアレンジ - 2017/11/25

soundcloud.com

原曲は無機的な美しさがあって良いのですが、このアレンジはそれとは逆に肉の生き物っぽさを出したいと思って書きました。

 

ピアノとベースの習作 - 2017/11/30

soundcloud.com

dim系の和音をいっぱい使っておしゃれな雰囲気を目指しました。

 
Popsの習作 - 2017/12/5

soundcloud.com

キャッチーなのを目指しました。

 

メリークリスマス!! - 2017/12/25


クリスマスソングです。今年書いた曲の中で一番好きです。

 

Op559 米津玄師のオマージュ - 2017/12/29

soundcloud.com

オマージュしました。

 

Op570 練習曲33 PianoIntro2 - 2017/12/29

soundcloud.com

Ⅵm/Ⅶ→Ⅵmを使ってみたいという気持ちで書きました。


総評

一年前はスリーコードしか使えなかったので、だいぶ成長しましたね。地味に150曲以上は書いたと思います。来年は楽理の勉強は控えめにして、打ち込みとミックスを重点的に鍛えていけたらいいなと思います。

20171209 サークラのアドベントカレンダーに参加した

サークルクラッシュ同好会のアドベントカレンダーに参加して、このような記事を書きました。

circlecrash.hatenablog.com


ところで、同じアドベントカレンダーの9日目の記事を読んでいたら、言語争奪という概念が出てきて面白かったので、紹介します。

非モテ」に限らず、多くの「自らをネガティブにとらえる言葉」、例えば「非リア」であるとか「うつ」、「ニート」、「KKO(キモくて金のないオッサン)」などは最初の意味に比べて、徐々に人口に膾炙していくにつれ、意味が拡大していくきらいがあります(私はこれを言語争奪 word captureと呼んでいます)。

「読むと絶対モテる記事」と拗らせ概論、さえも - サークルクラッシュ同好会ブログ

 

つまり、こういうことです。「非リア / リア充」という言葉ははじめ、「友達のいない我々(内集団)」と「大学生活を楽しんでるあいつら(外集団)」の間に線を引く役割をもっていたはずです。この線を引くことにより、同じスレの中にいる人たちはある種の連帯感(デュルケームに言わせれば共通の絆でしょうか)が生まれますし、彼らはアイデンティティを得ることができます(ここでいうアイデンティティとは「自分はこういうものだ」という定義付けとでも思ってください、そしてそういうものの存在は多くの場合、精神の安寧をもたらします)。

「読むと絶対モテる記事」と拗らせ概論、さえも - サークルクラッシュ同好会ブログ

 

(※以下、『呪詛・物語・社会』を前提として話を続けます。)
ここで例として挙げられている『非リア / リア充非モテ、うつ、ニート、KKO、その他「自らをネガティブにとらえる言葉」』はどれも、物語るという行為において、とても便利に使える語彙だと思います。「同じスレの中にいる人たちはある種の連帯感(デュルケームに言わせれば共通の絆でしょうか)が生まれます」というのは、同じスレの人たちで一つの物語を共有している状態とも言えます。


アドベントカレンダーの記事で私は、物語を書く者が強者であるということ、物語は物語中のオブジェクトに意味を提供するということを主張しました。それらはつまり、意味を上書きする者が強者であるということを意味します。なので、言葉の意味を上書きする行為は、典型的な強者の行為だと思うのです。「最初の意味に比べて、徐々に人口に膾炙していくにつれ、意味が拡大していくきらいがあります」とありますが、このような意味の拡大は、みんなが強者になろうとして、あちこちで同時多発的に言葉の意味を(自分たちに都合の良いように)上書きすることで、起こるのではないでしょうか。

 

言葉の意味が上書きされる仕組みについては、また物語概念と関連付けて、そのうち記事を書こうと思います。(そのうちがいつなのかについては諸説あります……。)
概要だけを書くと、言葉の意味の上書きは、その言葉の便利な使い方がキャラクターに示され、一定の同意を得たとき、その後から新しく意味がついてくるという形で起こります。このような仕組みは、言葉に限ったことではなく、物語中のあらゆるオブジェクトの意味は、オブジェクトの使われ方によって規定されています。使い方は意味に先立つのです。

20170924 無題

ここのところ破滅の手触りが確かなものになってきた気がする。根拠はない。夏が終わったせいでそう感じるのかもしれない。
ところで破滅の手触りってなんだろう。思いのほかフワフワだったりするのだろうか。柔らかく破滅していきたいとは思う。柔らかい破滅とは?
 
雪が溶けても桜が散っても夏が終わっても自分だけは残る。それがとても嫌だなと思う。秋が終わると次は鬱の季節だ。沖縄あたりに移住すれば少しはましになるのだろうか。
 
憂鬱になるのは簡単で、幸福を感じるのは難しい。ままならないなと思う。やっていく。丁寧に。

20170710 無題

感染性胃腸炎になり、先週から学校を休んでいる。夏の感染症は不快だ。暑さで汗をダラダラ流すくせに、冷房には震えてあげくに腹を壊す。
 
 
何もできない。溜まりまくった課題やマイナビからのメール、どこかに行きたくなるような夏風も全て無視して、一日中ゴロゴロしている他ない。
断続的に腹痛に襲われる。感情が乱高下する。精神を壊して入院していた頃の夢を見た。部屋が際限なく散らかっていく。
 
 
窓の向こうで大雨が降っている。それは自分のいる部屋の中には何の影響ももたらさない。家財を慌ててビニール袋で包む必要はないし、傘をさす必要もない。ここは安全で、すこし寂しい。
 
 
横になってインターネットをするが、すぐに飽きてくる。かわりに世界の仕組みについて考えることにした。でも特に面白いことが浮かばない。やっぱりこういうのは普段の習慣がものを言うんだろう。最近世界の仕組みについて考えた時間があっただろうか?一切ない。
 
自分が思いのほか社会の側の人間になってしまったことに思い至り、よく分からない感情になる。心がざわつく感じのやつ。
こういう、簡単に言葉にできない、喜怒哀楽にも当てはまらない歪な感情を拾い上げて、大きく育てていくことの大切さを自覚するようになった。自分だけの怪物を心に飼うこと。それは癒やしであり、祈りであり、規格化されていくことに対するささやかな抵抗だ。
 
いつの日か、おれの巨大不明感情が首都に襲来し、東京スカイツリーをなぎ倒す。そんな夢を見る。

20170316 無題

起床成功。夢は忘れた。
 
朝ごはんを食べている途中でメロディが浮かぶ。ポップでキャッチャーなやつ。午前中はメロディに付けるコードを考えて過ごす。TSUTAYAに行って借りていたDVDを返した。お昼を食べて学校へ。CG室にこもってパソコンカチャカチャを4時間。良い進捗。
 
いつもより少し早く帰宅した。お風呂に入って、ご飯を食べて、けものフレンズ10話を視聴。サーバルちゃんの「ビーバたちみたいに一緒に暮らさない?楽しそう!」から、かばんちゃんの「私、海の外に行って人間を探したい」への流れが良かった。変化していく二人の関係性…

20170315 無題

起床成功。9時頃起きる。夢は忘れた。
 
TUTAYAで借りてきたファンタスティック・プラネットを視聴。映像も音楽も素晴らしかった。2兆点。そのうち真面目に感想を書こうと思う。そのうちがいつなのかについては諸説あり……
 
お昼を食べて河川敷の菜の花畑へ。自転車で堤防の上を走る。バスや電車は身体が箱に入って移動する感覚だけど、自転車は身体の拡張だ。頬に当たる風が気持ちいい。
 
菜の花畑は震災の復旧工事で消滅していた。

f:id:Q1kasen:20170316224233j:plain 

これは去年。色々なものがなくなっていくなぁ。

f:id:Q1kasen:20170316224549j:plain

f:id:Q1kasen:20170316224606j:plain

f:id:Q1kasen:20170316224615j:plain