Eclipse

随想録

20180225 脱走レポ8

お好み焼き屋さんで集まって、さくら荘8号館(予定)の人たちと顔合わせをした。お互いに自己紹介をして、8号館設立者の今井さんが、予定していた物件がシェア不可で使えなくなったことや、その後の進展などの話をした。
顔合わせ終了後に、今井さんがバーテンをしている”或いは、「」”というバーに行った。お酒に詳しくないのでおまかせしますと言うと、アブサンという薬草系リキュールを勧められたので、それを頼むことにした。アブサンは提供のしかたに独特のスタイルがあり、アブサンスプーンという細かいスリットが入ったスプーンをグラスに乗せ、その上に角砂糖を置いて着火し、スリットから気化したアルコールを適度に燃焼させて、残った角砂糖を溶かして飲むといった方法がとられる。今井さんもそれを再現しようと頑張っていたが、お酒をこぼしたり角砂糖を誤って捨てたりと、あまりにもしっちゃかめっちゃかだったので、一周回って面白かった。